広報スペシャリスト検定1級で
何が学べるか?

広報担当者として自走出来るように、広報の「総合力」を高めます。
メディアアプローチの重要性を知って、メディアとの関係性を構築し、結果をだせる広報担当者を目指しましょう。

どんな商品・サービスでもPR出来る発想力をつけることが出来ます
「ネタが無い時」「PR方法に悩む時」など様々なシチュエーションでも対応出来る発想力を鍛えます。
自走できる広報担当者になれます
「PRネタの選定」から「プレスリリース作成」「メディアへのアプローチ」、「取材調整」などの一連の動きが身に付きます。

講座カリキュラム

学習時間:2時間×3+フォローアップ

1 メディアアプローチの方法 アプローチの下準備/想いを伝えるトークスクリプト/記者クラブの活用法
2 自社にあったメディア選定 媒体リサーチ/担当者との関係性構築
3 メディア取材対応 メディア取材までにしておく準備/取材時の広報担当者としての対応
4 社内共有の重要性 メディア実績の共有/SNS等での活用