広報スペシャリスト検定3級で
何が学べるか?

企業の顔と言われる「広報」の仕事。広報担当者の選定は、多くの企業が悩むところの一つでもあります。
「伝える仕事」「お客様対応」などの経験を活かすことが出来る広報の知識を学び、新たなスキルアップを目指すことが出来ます。

提案力アップ
他社との差別化を図り、メディアに刺さる提案が出来るようになります。
表現力アップ
会社のファンになってもらえるような自社の魅力的な見せ方が出来るようになります。
信頼度アップ
関係性構築の手段を知り、社内からの信頼・メディアからの信頼を獲得出来るようになります。
柔軟性アップ
日々変化しやすいメディアへ柔軟に対応出来る様になります。

こんな職種の方に向いています

企業の広報担当者

初心者向け!
広報担当者のレベルアップ!
広報担当者のイメージ

アナウンサー

取材力&記事作成力を
活かしませんか?
アナウンサーのイメージ

キャビンアテンダント

トップレベルのお客様対応力を
活かせます!
キャビンアテンダントのイメージ

レセプショニスト

スケジュール管理力と
お客様対応力のスキルアップ!
レセプショニストのイメージ

バスガイド

伝える力と魅せる力を
応用させましょう!
バスガイドのイメージ

テレフォンアポインター

声で相手に伝える力・ヒアリング力を
活用しましょう!
テレフォンアポインターのイメージ

講座カリキュラム

学習時間:3時間
1 PRとは何か? そもそも「広報」「PR」とは?
基本的な基礎知識を学び、まずは知ることから始めていきます。
2 メディアの種類 「メディア」と聞いて、どんなものが浮かびますか?
各メディア媒体の種類と、そのメディアが求めているネタとは何なのかを学びます。
3 メディアの種類と事例 女子アナ広報室がメディアに出演した事例を用いて、どうやったらメディアに露出出来るかを学べます。
4 広報担当者の仕事 “会社の顔”とも言われる広報の仕事。
具体的にどんな流れで仕事を進めて行くのかを学びます。
5 ニュースに

取り上げられる方法
テレビや新聞で取り上げられる“ニュース”とは、どんなものなのか。
価値のある情報を届けられる広報担当になるための知識を学びます。